先住チビプーと新入りデカプーの愛犬観察ブログ
Click Here!   Click Here!   Click Here!   Click Here!   Click Here!   Click Here!   Click Here!   Click Here!
インフォメーション
●●●●●

-
-
-

   RECENT ENTRIES
ブックスティッカー/ 楽天ブックス提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
去勢手術(不妊手術)、入院派?即日退院派?
金曜日に1号、土曜日に2号の去勢手術をして来ました。
二匹とも無事に終わり、後は抜糸を待つばかり。

おっちゃんとの再三に渡る話し合いの結果、(夫婦喧嘩とも言うw
ようやく去勢手術を許諾してもらったわけですが、
そうとなれば気の変わらないうちに早くやらなくては!と。
「もっと涼しくなってから…」などと言うスキはもう与えません!

しかし、そうそう二匹一緒に手術の予約は取れず、
(以前予約入れた時は2ケ月待ちだった←おっちゃんに阻止された
二匹はそれぞれ別の獣医サンにお願いすることになりました。

1号は逆クシャミ持ちで若干気管に不安があったため、
一泊入院で経過を診てくれる獣医に託すことに。
歯石除去もお願いしたかったので、
歯科が得意な先生がいると言うことも考慮して。
2号は即日退院のもう1つの獣医に。

実はこの選択が二匹の大きな運命の分かれ目に!?

手術の翌日1号を迎えに行くと、私の顔を見た途端に大粒の涙。
ヘロヘロになってる上に、泣きべそかいてキューキュー鳴いてます。
この涙は一体何なのー??
AHT(動物の看護士)さんによると、麻酔が切れて痛かったのだろう、
そして飼い主の顔見て緊張が取れて涙が出たのだろう、と。
ん~もっと医学的な返答して欲しかったなぁ。

一方、即日退院の2号はまるっきりいつもと変わらず。
ペットショップのケージ暮らしが長かったせいか、
獣医内の陳列ケージも何のその、平然と座って周囲を観察してました。
ペットショップのケージより大きくて快適だもんね。(苦笑
私の顔を見ても、「やぁ、おかえり」みたいな落ち着いた表情で、
1号の豹変ぶりを見た後だったからむちゃくちゃ拍子抜け。
この二匹の差は一体何なのーー!?

そして1号を連れ帰ろうとバリケンを差し出す私に、
「全然元気だから要らないよ、そのまま散歩して帰る犬も多いし」と先生。
ってマジー!?
と言うわけで、その場で2号担当の先生に訊ねてみました。
以下、先生の弁。

> 入院を必要とする獣医は、麻酔を多く使っている可能性がある。
> 退院時ヘロヘロになっていたのは、麻酔によるダメージかもしれないし、
> 一晩入院したストレスかもしれない。
> 去勢手術は開腹しないから、最小限の麻酔で最短時間で行うもの。
> 通常、入院なんて必要としないものだよ。

ですって。
温室育ちの1号のことだから、入院がストレスだったのかもなぁ。
あと、歯石除去をしたから通常より麻酔時間が長かったのかも?

> 3才そこそこで歯石除去は早かったねぇ。
> スケーリングすると細かいキズが付くから、
> 益々歯石がつきやすくなるよ。
> ボクならそんな若い犬には勧めないなぁ。

どひゃー!そんなこと1号担当獣医から聞いてないよーーー!!

チビの1号は口も歯も小さいので、奥まで上手に磨けないんです。
てか、私が不器用なんだろうけど。
頑張って精進しよう・・・

まーそんなこんな色々ありましたが、
麻酔事故もなく無事終わって良かった!本当に良かった!!
がんばったぞおまえら!大好きだーーー!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。