先住チビプーと新入りデカプーの愛犬観察ブログ
Click Here!   Click Here!   Click Here!   Click Here!   Click Here!   Click Here!   Click Here!   Click Here!
インフォメーション
●●●●●

-
-
-

   RECENT ENTRIES
ブックスティッカー/ 楽天ブックス提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
抜糸しました
一昨日1号、昨日2号の抜糸。二匹とも大人しく無事終了。
両担当獣医からともに「経過良好」のお墨付きをいただき、
何もかも終わった~~と胸をなでおろしています。
この一週間、なんだかとっても長かった・・・

気になる二匹の仲ですが、いまだ問題なく仲良くやっております。
1号は2号が来る前のマイペース犬に戻りました。
平和です。平和過ぎます。
フと涙がこぼれてしまう程平和です。。(TヘT)

それにしても、晴れて自由の身になった2号のハジけっぷりはすごい。
決まって食餌後、1号をすっ飛ばして室内を駆け回って暴れまくり。


1号のバリケン用煎餅布団を奪取。

散々振り舞わして一人遊び。(誰も近寄れない

そしてくつろぐ。

体力持て余してる感じ。(笑

まだまだ暑くて思うように散歩が出来ません。
術後のことを考えると、やはり寒い時期の手術がベストかもです。
たくさん運動出来てストレス発散させられるもんね。
不妊手術の後は太りやすくなるって言うし。
早く涼しくなってくれないかな~

てか2号、術後に獣医からデブ注意報を発令されました。
現在5.8kgですが、「5kgくらいに絞ってもいいかな」ですって。
今までデブやら何やら言われたことはなかったんですが、
どうも「去勢すると太りやすい」と言う定説通り、
若干のデブ具合も見逃さず「注意が必要」と説くらしい。

「コイツは7kgくらいあってもいいのかも」と勝手に思い込み、
食餌をたくさん与えていたので危うくデブにするところでした。
くわばら。

てかさ、5kgってそれなりに小さい犬のイメージがあるんだけど、
巷の5kgプーは2号みたいにデカくないよね??
2号は36cmもあるんだけど・・・骨格の違いなのかなぁ・・・
(ちなみに若干ドワーフ、体長は40cmくらい)
でも2号は結構ガッシリ骨太筋肉質タイプなのよ。

一般的に背中を触って背骨がわかる程度が丁度良いと言いますが、
この表現てちょっと説明不足なんだって。
背中にそっと触れてクッキリ背骨がわかる感触がベストらしいです。
スポンサーサイト
涙の理由
退院時にメソメソ泣いていたヘタレな1号ですが、
スバリ、エリザベスカラーが原因のようです。

退院時、エリザベスを装着していた1号ですが、
獣医から「舐めないように注意出来るのなら取ってあげて」
と言われたので、帰宅後すぐに取ってやりました。
しかし元気が出て来た日曜日の夕方くらいから局部を気にするようになり、
夕食の仕度で目を離した隙に絆創膏を取ってしまいました。

そんなわけで、監視出来ない就寝時にはエリザベス装着。
そして翌朝、泣いてました・・・( ̄Д ̄;)

その日もまた夕食の仕度をするため再度エリザベス装着、
さて取ってやるかと顔を見ると・・・またまた泣いており・・・

何故涙が出るのかはわかりませんが、
(犬は悲しんだり笑ったりはしないと言うし)
とにかくエリザベスを付けると涙が出るらしい。



エリザベスを装着するとキョドるわフリーズするわで、
犬にしたらすごーくイヤなモノのようですが、
泣き顔が可愛くて思わず微笑んでしまった不謹慎な飼い主です。

あ、今はもうエリザベスは付けてません。
どうも絆創膏が気になっただけみたいです。
縫合しているので、絆創膏は取ってもOKと言われていたので無問題。
因みに2号はエリザベス未装着です。
大柄でのんびりしたタイプの犬には必要ないとは担当獣医の弁。
なるほど。
去勢手術、その後の経過
手術&入院でショックが強かったと思われた1号ですが、
思いの他立ち直りが早く、日曜日にはほぼいつも通りに。

2号は手術後の局部に違和感があるのか下半身に力が入らないようで、
常に腰を落とした状態でほとんど歩こうとせず、
ハウスから出て来なかったり、遊びに誘っても感心を示しませんでしたが、
火曜日(昨日)には復活。

台風で散歩に出られないので室内で遊ばせていますが、
二匹ともに復活した火曜日(昨日)の我が家は大運動会で大騒ぎでした。

去勢手術に踏み切った理由は色々ありますが、(そのうち纏めます)
余りにも険悪な二匹の仲が少しでも良くなれば…と言うのもその1つ。
1歳になり益々オス臭が強くなる2号を1号は許せないのか、
日々仲が悪くなるばかりで、犬も人間もストレスだらけの毎日でしたから。
(食う寝る散歩する以外は喧嘩状態と言っても過言ではない程)

それが手術後、まだ日が浅いのでハッキリと断言出来ませんが、
なんだか仲良くなって来たような嬉しい予感…

昨日の二匹のはしゃぎっぷりは今までとは全く違っていたんですね。
二匹でおもちゃの取り合いをして楽しく追いかけっこしてましたから。
今朝も楽しく二匹で遊んでました。
今までの我が家ではあり得ない光景です。
1号に比べ2号は遊び上手・誘い上手ですが、1号は尽くそれを却下、
今まではすごい剣幕で威嚇してマウントして2号を脅かしていたんです。

お子様なのか、性格なのか、2号はすぐ調子に乗るのですが、
(最近では調子に乗る以前に全ての動きを1号により封じられてましたが)
そんな2号に対して1号は、
悪魔の形相で噛み付くこともなく、執拗なマウントをすることもなく、
ただ教育的指導風味に威嚇するだけ、と言う感じ。

このいい感じがずーっと続いてくれることを心から願っています。
このまま上手くいけば、彼等のストレスも随分軽減されることでしょう。
去勢手術(不妊手術)、入院派?即日退院派?
金曜日に1号、土曜日に2号の去勢手術をして来ました。
二匹とも無事に終わり、後は抜糸を待つばかり。

おっちゃんとの再三に渡る話し合いの結果、(夫婦喧嘩とも言うw
ようやく去勢手術を許諾してもらったわけですが、
そうとなれば気の変わらないうちに早くやらなくては!と。
「もっと涼しくなってから…」などと言うスキはもう与えません!

しかし、そうそう二匹一緒に手術の予約は取れず、
(以前予約入れた時は2ケ月待ちだった←おっちゃんに阻止された
二匹はそれぞれ別の獣医サンにお願いすることになりました。

1号は逆クシャミ持ちで若干気管に不安があったため、
一泊入院で経過を診てくれる獣医に託すことに。
歯石除去もお願いしたかったので、
歯科が得意な先生がいると言うことも考慮して。
2号は即日退院のもう1つの獣医に。

実はこの選択が二匹の大きな運命の分かれ目に!?

手術の翌日1号を迎えに行くと、私の顔を見た途端に大粒の涙。
ヘロヘロになってる上に、泣きべそかいてキューキュー鳴いてます。
この涙は一体何なのー??
AHT(動物の看護士)さんによると、麻酔が切れて痛かったのだろう、
そして飼い主の顔見て緊張が取れて涙が出たのだろう、と。
ん~もっと医学的な返答して欲しかったなぁ。

一方、即日退院の2号はまるっきりいつもと変わらず。
ペットショップのケージ暮らしが長かったせいか、
獣医内の陳列ケージも何のその、平然と座って周囲を観察してました。
ペットショップのケージより大きくて快適だもんね。(苦笑
私の顔を見ても、「やぁ、おかえり」みたいな落ち着いた表情で、
1号の豹変ぶりを見た後だったからむちゃくちゃ拍子抜け。
この二匹の差は一体何なのーー!?

そして1号を連れ帰ろうとバリケンを差し出す私に、
「全然元気だから要らないよ、そのまま散歩して帰る犬も多いし」と先生。
ってマジー!?
[去勢手術(不妊手術)、入院派?即日退院派?]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。